西南学院グリークラブOB会のホームページへようこそ!



熊本地震のお見舞い

このたびの熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
連日の新聞やテレビの報道、関係者からの話しで被害の大きさを知り本当に驚いております。

被災地に住まわれている西南学院グリークラブOBの皆様はご無事でいらっしゃいますでしょうか。
落ち着かれてからで結構ですから近況などをOB会までご一報いただければと存じます。

被災された皆さまの安全と一日も早い復興をOB会一同、心よりお祈り申し上げます。

平成28年4月                 
西南学院グリークラブOB会
   会長   黒江 量二

ごあいさつ

 西南学院グリークラブOB会のホームページへようこそ!
西南学院グリークラブOB会は、大正8年に創立された西南学院グリークラブの卒業生によって組織されています。 西南学院グリークラブOB会の活動目的は大きく以下の2つです。

  • 会員相互の親睦をはかる
  • 西南学院グリークラブの活動を支援する

 大学合唱団の低迷の中で平成18年3月、 西南学院グリークラブの現役部員は不在となりその活動は中止せざるを得なくなりました。
私達は西南学院グリークラブの再興を心から願い、 「西南からグリーの灯を消すべきではない!」との熱い思いをもって、 OB会自体の組織の活性化と活動の強化を図るべく、このホームページを作成しました。

 平成20年4月私達の願いが通じ、西南学院グリークラブは5名の新しい部員を得て、 平成23年より定期演奏会を再開することが出来るようになりました。 一日も早く往時の姿をグリークラブが取り戻せるよう、OB会としても懸命の支援を続けています。

(平成27年3月一部補稿)



新任のご挨拶

 去る7月18日に開催されました平成27年度OB会総会において、 西南学院グリークラブOB会々長に選任されました65期生の黒江量二です。
お元気な先輩が多数いらっしゃるので若手のつもりでおりましたが、卒業して50年になりました。 体が動く内に、刀根前顧問、河野前会長をはじめ諸先輩方にそうして貰ったように、 誰かにそうしてあげようと思いお引き受けをしましたが、何も取り柄がありませんので、 皆様方のご協力をいただきながら、持続発展するOB会づくりに取り組んでまいります。 どうぞよろしくお願いいたします。

 OB会も発足して21年、諸先輩方のご尽力で現在があるわけですが、 伝統を単に守るだけの姿勢では変化から取り残され、組織は活力を失ってしまいます。 一方で、長い年月を重ねた人や組織が過去にとらわれずに、 新しい感覚で難問に向き合うことには大変なエネルギーを必要とします。
幸いにも、若手になる80期、90期、00期の皆さんが役員の半数を引き受けてくれました。 OB会の将来像を一緒に描きながら、実現される世代に引き継いでいきたいと思います。

我々の強みは、学生時代の4年間を通してハーモニー創りをしてきた多くの仲間を持っていることですが、 OB会への参画や、総会レベルの集まりにはまだまだ参加人員が少ないと言わざるを得ません。
遠方に住まわれている方、仕事真っ最中の方、地域のお世話をされている方、病気療養中の方など、 それぞれにご事情があると思いますが、一人ひとりが生き方や働き方を見直さざるを得なくなっている世の中です。
日常とは違う時間を味わい、楽しんでいただけるような組織運営を心掛けてまいりますので、 多数のご参加お待ちしております。

以上

西南学院グリークラブOB会
   会長   黒江 量二