西南学院グリークラブOB会のホームページへようこそ!



ごあいさつ

西南学院グリークラブOB会のホームページへようこそ!
西南学院グリークラブOB会は、大正8年に創立された西南学院グリークラブの卒業生によって組織されています。
西南学院グリークラブOB会の活動目的は大きく以下の2つです。

  ・会員相互の親睦をはかる
  ・西南学院グリークラブの活動を支援する

大学合唱団の低迷の中で平成18年3月、 西南学院グリークラブの現役部員は不在となりその活動は中止せざるを得なくなりました。
私達は西南学院グリークラブの再興を心から願い、 「西南からグリーの灯を消すべきではない!」との熱い思いをもって、OB会自体の組織の活性化と活動の強化を図るべく、このホームページを作成しました。

 平成20年4月私達の願いが通じ、西南学院グリークラブは5名の新しい部員を得て、
平成23年より定期演奏会を再開することが出来るようになりました。
一日も早く往時の姿をグリークラブが取り戻せるよう、OB会としても懸命の支援を続けています。

(平成27年3月一部補稿)





あけましておめでとうございます

 オミクロン株の感染が各地で確認されているニュースに一抹の不安を覚えましたが、お元気に新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年も合唱活動にとって厳しい環境の連続で、OB会の活動はメールや書面でのやり取りが中心になり、対面での役員会は 11月の1回に留まりました。毎年6月に開催している通常総会も、ここ2年間は誌上形式で行ってまいりました。
今年こそは活発な議論、ワイワイガヤガヤの懇親会、懐かしい愛唱歌をハモり、元気を取り戻していただこうと思っていますので、 総会のご案内を楽しみにお待ち下さい。

現役諸君も、リモート中心の授業、課外活動の制限等大学の感染拡大レベルに沿った厳しい学生生活を強いられています。 4年生が3月に卒業すると7名になり、その内1,2年生は本来の練習も経験しておらず、 4月の新入部員勧誘如何では存続にも関わる状況に置かれています。
感染レベルの下がった昨年の秋以降、3年生諸君と大学内で面談し、今後の善後策について打ち合わせを重ねてきました。
当面は、西南グリー現役とOBが共に歌い、ねぎらいと祝意をもって卒業生を送り出すこと、 1・2年生に人前で歌う経験をしてもらうことを目的として、3月12日(土)14:00~16:00、 大学チャペルでフェアウエルフェスタを行うべく準備を進めています。
詳細は追ってお知らせしますが、新入部員勧誘の動機づけを高める一助にいたしたく、福岡市周辺にお住まいのOBの皆様には、 出演者並びに聴衆者のいずれかでご協力頂きますようお願いいたします。

 OB合唱団の皆さんも、一昨年以来日常練習も満足にできない状況下にありますが、西南シャントゥールさんは昨年の10月より練習を再開、 2年間の加齢と練習ブランクに悪戦苦闘しながらも、11月12日(土)アクロス福岡での第43回定期演奏会の開催を目指しています。
西南グリーOBシンガーズ、東京OB合唱団の皆さんも、賛助出演のスタンバイをされているようですが、 予定通り開催できますよう願っています。

 人類が野生動物のテリトリーに侵入して以来、ウイルスとの戦いは終わりがない様ですが、ここ2年間の経験を無駄にすることなく、 今後も、グリーの卒業仲間と合唱ができることを大事にしていきたいと思います。
忙しい時ほど時間を作られて、福岡、大阪、東京の歌の集まりにご参加ください。


2022年1月1日
西南学院グリークラブOB会
会 長  黒 江 量 二